About

こんにちは!ジャズ作編曲家・ジャズピアニストの鈴木瑶子です。

Yoko Profile2.jpg

神奈川県、横浜市出身のジャズピアニストであり、作編曲家。

2013年に国立音楽大学ジャズ専修にピアノ専攻として入学し、ジャズピアノを小曽根真氏、塩谷哲氏に師事。2014年にはグッチタイムピーシーズ&ジュエリー日本音楽基金の奨学生に選ばれ、ロサンゼルスで行われたグラミーキャンプに参加する他、全国各地のジャズフェスティバルで演奏を披露する。在学中より都内のライヴハウスを中心に音楽活動を始め,2015年には東京ジャズにて小曽根真氏指揮によるJFC All-Star Big Bandが自作曲を演奏、翌年にはメインステージにて自身もピアニスト、及び作曲者として出演する。2015-2016年には国立音楽大学NEWTIDE JAZZ ORCHESTRAに在籍し、バンドとしての2nd Album "Live!" をリリース。

2017年に国立音楽大学を卒業後,同年ボストンにあるバークリー音楽大学に奨学生として留学し、ジャズ作曲をGreg Hopkins氏、Bob Pilkington氏、Billy Childs氏に、ジャズピアノを小曽根真氏、塩谷哲氏、Tim Ray氏、Terri Lyne Carrington氏に師事する。演奏活動を続けるとともに、小さい編成からビッグバンドなど大編成まで作曲、編曲の経験を積む。

2018年にはJazz Performance Awardを、2019年には最高位であるDuke Ellington Award、

2020年には Tadd Dameron Awardをバークリーより授賞する。

2019年にはASCAP Foundation Herb Alpert Young Jazz Composer Award、及びJEN Young Composer’s Showcaseの佳作に選ばれる。また、DOWNBEAT 43rd Annual Student Music Awardでは、大編成アンサンブルへの作曲部門において最高位を受賞。今までにRoxy Coss氏、Keyon Harrold氏、Melissa Aldana氏、Barry Stephenson氏、Terri Lyne Carrington氏と共演経験がある。

​また、2020年には自身とベーシスト小玉勇気で結成されたYoko&Yuki Duo Projectによる、ファースト・アルバム "The Moment"がリリースされる。